テレビや病院で看護師の仕事に憧れて看護師を志望する人が多いようです。

先輩看護師達の志望理由

 

現在、病院で働く先輩の看護師達は、どのような志望理由があったのでしょうか?

 

人によって志望理由は様々ですが、基本的には憧れが根底にあるようです。

 

 

看護師01

 

ある看護師の人は、看護師の日々に密着したテレビ番組を見て興味を持ちました。医療の知識だけでなく、患者の心のケアをする優しさに感動したのです。

 

必ず答えが決まっている仕事とは違い、心のケアは患者ごとに正解が違います。同じ対応でも不安が無くなる人と増えてしまう人が居るでしょう。

 

非常に難しいことですが、相手をしっかりと理解して、心の支えになるのは魅力的に見えたのです。

 

病気で弱っていると不安になりがちです。そんな人の心の支えになりたいと考えたのが志望理由だったようです。


 

 

看護師02

 

他には、父親が病気で入院している時に、親身になって看護してくれたのをきっかけに志望する人も居ます。

 

父親の看護をしながら、一緒に居た子供の事も励ましてくれたのです。
その励まされた子供が、現在看護師として働いています。

 

不安でいっぱいだった気持ちが看護師の言葉でとても安らいだそうです。
患者だけでなく、その家族の心も癒す優しさに憧れを抱いたのが志望理由でした。


 

 

看護師03

 

子供の頃、病気で手術することになり入院した際、体調だけでなく精神面でもサポートしてくれたのが嬉しくて看護師を目指す人も居ます。

 

手術するのが怖くて、緊張して毎日落ち着かない状態でした。

 

しかし、ゆっくりと話を聞いてもらえたり、遊んでくれたりして、手術の日は落ち着いて受けられたようです。

 

手術後も退院するまでずっと話をしてくれて、心がとても安らいだそうです。その時に、不安で潰れそうだった心を安らかにさせる看護師になりたいと思ったのです。


 

 

多くの看護師の人が、
献身的な優しさや心の支えになっている姿に憧れるのが志望理由になっています。
誰かの役に立ちたいと言う思いで目指す人も多いようです。

 

このように強い憧れはとても大切です。

 

強い気持ちは、様々な苦難を乗り越える原動力になります
良い看護師になるための強い憧れがあるか、自問自答してみてください。