看護師の給料は同年代の女性と比較すると約2倍と非常に高額になっています。

同年代女性と比較した給料

給料

 

看護師の給料は、一般的なOLと比べると高いと言われています。具体的にどのぐらい高いのか見てみましょう。

 

 

まず、一般的なOLの給料ですが、20代前半の平均給料は220万円前後となっています。
20代後半になっても300万円未満が平均的な給料なのです。

 

しかし、看護師は1年目、つまり20代前半でも400~450万円の給料を貰えます。つまり、同年代の女性と比較した場合、約2倍近い給料が手に入るのです。

 

 

これはあくまでも平均なので、大企業に勤める女性なら年収はさらに高いでしょう。
ですが、一般的な平均値を見ると、看護師の方が遥かに優遇されています。

 

 

ここで安易に給料が良いから目指そうと思うのは危険です。
思い直しましょう。
給料が高いのは、それだけ看護師の仕事が激務で大変だと言うことです。

 

夜勤が多く、遊ぶ時間が無かったり、体調を崩してしまうかもしれません。
人の命を預かる緊張感に心底疲れ切ってしまう場合もあるでしょう。

 

 

ちなみに、30代後半になると、
一般的なOLの平均給料が300万円なのに対して、看護師の給料は550万円前後になります

 

これだけ稼げると男性よりも収入が多いケースが出てきます。
誰にも頼らずに1人で生きていけるとさえ感じてしまうでしょう。

 

お金があると心にゆとりが出来ますが、
そのゆとりに身を預けていると婚期を逃す可能性があります

 

経済的な余裕があると、結婚の選択肢を選びにくくなってしまうようです。
お金は大切ですが、
家庭を持ちたいと考えている人は結婚のチャンスをしっかりと見極めましょう

 

 

また、パートとして看護師をやるのも時給が高いです。

 

スーパーなどの時給は、800円~良くても1000円ぐらいですが、
看護師は1500~2000円と高額です。

 

結婚後に空いた時間で働くとして、そこそこの収入が見込めます。

 

 

 

看護師は激務ですが、経済的には非常に優遇されています。
就職や転職にあまり困らないのもメリットでしょう。

 

給料が高いから目指すと言うのはあまり褒められた動機ではありませんが、
1つの基準として覚えておくと良いです。