恋愛する時間が合わず、人が亡くなる場面もあります。現実と憧れのギャップはなるべく埋めておきましょう。

ナースになるなら覚悟しておくべきこと

 

看護師、ナースになるなら覚悟しておくことがあります。

 

これから看護師になりたいと思っている人は、これらの現実を受け止めた上で進みましょう。
でなければ、現実と憧れのギャップで苦しんでしまいます。

 

 

 

恋愛がうまくいかなくなる可能性がある

まず、恋愛がうまくいかなくなる可能性が出てきます

 

相手が一般の会社に勤めているなら、基本的には土日が休みです。
しかし、看護師はシフト制なので、土日に休めるとは限りません。
平日でも夜勤が入っていれば会えませんし、土日が夜勤明けの場合もあるでしょう。

 

ゆっくりと会う機会が減るのは間違いない事実です。

 

もちろん、仕事と恋愛を両立させている人は居ますが、
相手に一定の理解を求める必要があります

 

 

 

 

足が太くなるかもしれない

足

看護師は立ち仕事がほとんどです。
イスに座ってのんびり仕事するのは無いと考えていいです。
そうなると、必然的に足がパンパンになりむくみます

 

看護師は厳しい肉体労働だと覚えておきましょう。
ジーンズが履けない、蒸れた足が水虫になる、こんな事態にもなりかねません。

 

足が太くなった人も多いので、
ドラマのようなスタイル抜群の看護師を想像すると痛い目を見ます。

 

 

 

 

人が亡くなる現場を目の当たりにする

涙

他にも、人が亡くなる現場を目の当たりにする覚悟も必要です。

 

病院では少なからず亡くなる人が居ます。
昨日は元気で会話していた人が、今日は帰らぬ人になっていることさえあります。悲しんで泣くのは問題ありませんが、それを引きずるようではいけません。

 

患者は次から次へとやってきますので、
気持ちを切り替える心を持つ必要があります

 

 

 

 

イジメ

看護師は、まだまだ女性社会です。
女性が集まると陰湿なイジメが横行するような環境も存在します。

 

イジメとは言えなくても、軽い嫌がらせを受けるかもしれません。
このようなことがあっても対応できるかどうか考えましょう。

 

 

 

 

上記はほんの一例です。
辛いことはまだまだありますので、覚悟しておいてください。
憧れだけで看護師になってしまうと、現実の辛さに耐えるのが苦痛になってしまいます。
現実と憧れのギャップをなるべく埋めておきましょう。