昼夜逆転する夜勤は体調悪化だけでなく友人と会えないで孤立する危険もあります。

昼夜逆転の夜勤勤務


看護師には夜勤があります。
シフト制なので、いつかは回ってくるでしょう。
中には、日勤から夜勤という地獄のコースを行う人もいます。


夜勤を行う場合、基本的には昼間はお休みになります。
そのため、昼間は自由行動になるのです。

とは言え、平日であれば、友人や恋人は仕事で居ないことが多いでしょう。
必然的に出来ることは限られてきます。

部屋を掃除したり、あるいは夜勤までゴロゴロするのも楽しいはずです。
昼過ぎまで寝ていても良いと考えれば、夜勤も悪くないのかもしれません。


しかし、夜勤は生活のリズムが狂うので意外と辛いのです。

日勤と夜勤がバラバラだと体調を崩しやすくなりますし、
女性なら生理不順になってしまう場合があります


散財

また、夜勤明けの朝はストレスが溜まっており、
お財布のひもがゆるくなる傾向もあるようです。

ストレス発散のため、要らないものを大量に買ってしまったり、高級レストランに入ったりしてしまうのです。エステや美容室へ通う人も多いようです。

夜勤明けの散財には注意しなければなりません。


夜勤が続くと、昼夜逆転してしまいます。

世間とは違うリズムで生活しているのは、実は孤立してしまう原因にもなります
せっかくの休みなのに、昼間だと誰にも会えない可能性があります。
職場で気の合う同僚が居ても、シフトで休みが重なるのは稀です。

プライベートでの人間関係が薄くなっていくと
精神的に一人ぼっちになり、弱音を吐けなくなってしまいます

そこに仕事のストレスが蓄積されると、メンタルを病んでしまうかもしれません。


ただの昼夜逆転だったのが、悪化すると大変な事態になります
このような状態にならないために自分なりのストレス発散方法を持っておきましょう


ちなみに、昼夜逆転すると太りやすくなりますし、肌荒れも気になってきます
髪の毛がパサパサになってしまう場合もあるでしょう。

人間の身体は昼夜逆転には不向きなので、
看護師を希望する人は覚悟しておいてください。

女の世界の看護師の職場で上手にやり過ごしていく方法