嫌な上司のご機嫌取りや悪口の言い合い、さらには壮絶な言い争いなどで人間関係は荒れがちです。

THE女社会な人間関係

人間関係

 

看護師の職場は、女性中心の女社会です。
男性の看護師がいることは滅多にありません。
女性が集まると避けて通れないのが「人間関係」です。

 

女性ならすぐに理解できるでしょうが、女同士は折が合わないと非常にドロドロしてしまいます。

 

例えば、看護師の中にお局様的な存在が居て、その人のご機嫌取りをしないと嫌がらせを受けるでしょう。

 

 

派閥のようなグループが出来ており、何かといがみ合っていることも少なくありません。

 

旅行のお土産を買ってこなかった、誕生日にプレゼントが無かった、
それをきっかけにハブられることもあります。

 

本人が居ない所で陰口を言われているなど日常茶飯事で、
仕事を辞めろと言った直接的な言葉で罵ってくる場合もあるでしょう。

 

あえて仕事に対して助言を行わず、失敗したら怒鳴り散らすケースも見受けられます。

 

新人教育を放棄した挙句に怒鳴り散らすのは怠慢と言えますが、
それがまかり通る職場は珍しくありません。

 

 

だからこそ、人間関係が悪化しないように、
細心の注意を払いながら仕事をしている人が多いでしょう。

 

その職場を仕切っている人のご機嫌取りをしながら、
イジメの対象にならないようにしているのです。

 

 

こうしたドロドロした人間関係には、肯定もせず否定もしないのが良いでしょう。
誰かの悪口を聞いても聞かない振りをして、自分も悪口を言わないようにしてください。
威圧的な態度の人にはかわいそうな人という憐れみを持ってやり過ごしましょう。

 

 

不思議なことに、看護師は非常に気が強い女性が多いのも特徴です。

 

大声で怒鳴り散らすような場面に出くわしてしまう人も居ます。
特に、気の強い看護師同士の言い争いには巻き込まれないようにしましょう

 

どちらの味方をしてもメリットはありません。
味方になるように求められても、関わらないように離れるのが無難です。

 

 

性格が悪い人はどこにでも居ます。
もし会ってしまったら諦めて、適度にお世辞を言いながら嫌われないようにしましょう。
嵐の際には静かにじっとしているしかないのです。