看護師がこの仕事で良かったと思うのは患者からの感謝や給料の良さに対してです。

「この仕事で良かったな」と思う瞬間

 

どんな職業でも、この仕事をやっていて良かったと思う瞬間があるでしょう。
看護師の人は、どのような時に看護師をやっていて良かったと思うのでしょうか?

 

 

患者から感謝の言葉を言ってもらた時

何と言っても、患者から感謝の言葉を言ってもらえる時が充実しています。

 

手紙

退院する患者から手紙を受け取ったり、
「担当の看護師があなたで安心した。」という言葉をもらったりすると、看護師をやっていて良かったと感じるようです。

 

人のためになっていたと実感できるのがポイントです。

 

 

 

 

プライベートで頼りにしてもらえる

プライベートで頼りにしてもらえるのも看護師ならではのものです。
家族や恋人が病気になったら適切な処置を行えるでしょう。
緊急時でも何かと対応できる知識や技術があるのは良い事です。

 

 

 

 

時給や給料が高い

また、時給や給料が高くて良いというのも看護師の人のモチベーションになっています。

 

新卒で手取り30万円近くもらえる病院もあるので、
看護師で良かったと感じる人も多いようです。

 

一般的な新卒のサラリーマンだと、手取りで20万円を切る人も居るでしょう。

 

看護師は激務なので、それだけ高い給料が設定されているのです。
就職難で将来に不安がある昨今では、給料が高いのは安心できる要素になります。

 

 

 

 

転職しやすい・復帰しやすい

給料に続いて、転職のしやすさも挙げられています。

 

看護師を募集している病院や介護施設は非常にたくさんあります。
どこも看護師が不足しているため、転職の際には困らないでしょう。

 

結婚や出産で一時的に現場を離れても、
再度復帰しやすい職業でもあるため、看護師をしていて良かったと思うようです。

 

 

 

 

後半は少し現実的な話になってしまいましたが、
看護師をするメリットはこのようなものが挙げられます。

 

お金を使う時間があまり無いので、がっつり貯金をするのも可能でしょう。
きつい現実から目をそらせば、人に感謝されつつ貯金も出来る夢のような職業です。

 

看護師をやっていて良かった、そう思う日が来るように頑張りましょう。
こればかりは実際にやってみなければわかりません。
本当にそうなのか確かめてみるのが良いでしょう。

 

看護師になるにあたり、覚悟しておくべきこととは?